30代、イヤリングの選び方

イヤリングは10代20代の頃に着けているものと、30代のものは少し違ってきます。
どのような所に違いがあるのでしょうか?

 

10代20代

10第20代は、きらきらしていてリボンやハートの可愛いモチーフがたくさん使われているイヤリングをしたい女性が多いです。
また、イヤリングをたくさん欲しいということから、できるだけ安いイヤリングを購入したいという気持ちがあります。
若い頃はこのような買い方でもまったく問題はありません。
どんどんお洒落をして自分に似合うものや自分の好みを探していきましょう。

 

30代

30代になって少し落ち着いてきた時には、可愛いイヤリングでも以前とは違って、抑えられた可愛らしさが好みになったり、大ぶりではなく小さくまとまったデザインで、大人っぽさを演出したい方が多くなります。
キラキラしすぎているものや、本物の宝石ではなく似せた石がついているような安いイヤリングは、30代にはもう似合わないかもしれません。

 

30代のイヤリング選び方

「上質で本物のイヤリングを買う」というように、自分で大人っぽいなと思うテーマを決めて選ぶとスムーズにいきます。
イヤリングを多く持つよりも、本物だと感じられるものをひとつ持っておいた方がずっと大人っぽく感じられるのです。
ゴールドやプラチナなどで作られていて、石も本物が使われているイヤリングを、ひとつは持っておきたいですね。

  • 2018/03/24 13:26:24